ハイブリッド経営のススメ|デリバリー生パスタ専門店「和太利庵」

店舗OPEN

ハイブリッド経営のススメ

外食の市場環境は厳しい状況が続いていますが、アフターコロナがやってきても「7割経営」ということが少し言われるようになってきました。コロナが終息しても、2019年の売上と比較してみると「7割」くらいに落ち込むことが予測されているということです。

そこで我々は、一つの施策として「イートイン+デリバリー」のハイブリッド経営をオススメしています。
平均売上500万円だった飲食店の売上がアフターコロナで「7割」、つまり350万円になる、そこにデリバリーで「200万円」積み上げましょう!という思想です。

ハイブリッド経営のポイント

  • ポイント1

    イートインとデリバリーでの勝ち方は違います。デリバリーの勝ち方に適した業態を導入すること

  • ポイント2

    イートインとデリバリーのオペレーションを両立できること

  • ポイント3

    デリバリーの業態のライフタイムサイクルは非常に早い、3ブランド導入し、常に売れる業態を維持すること

TOPへ戻る>>>